profile & activity
papers
presentations
other products

京都大学
学術情報メディアセンター
産官学連携研究員
〒606-8501
京都市左京区吉田本町
京都大学 学術情報メディアセンター

[e-mail]

last updated: 15/06/11

研究業績

[著書(シリーズ監修)]

  • 高梨克也(監修)シリーズ フィールドインタラクション分析. ひつじ書房 2015より

[著書(編集)]

  • 高梨克也 基礎から分かる会話コミュニケーションの分析法(仮題). ナカニシヤ出版 2015秋刊行予定
  • 高梨克也(編著) 多職種チームで科学展示をつくる:日本科学未来館「アナグラのうた」ができるまで. (シリーズ「フィールドインタラクション分析」(高梨克也監修,第1巻)ひつじ書房 2015秋刊行予定
  • 木村大治・中村美知夫・高梨克也(編著) インタラクションの境界と接続. 昭和堂 2010
  • 坊農真弓・高梨克也(編著) 多人数インタラクションの分析手法 (人工知能学会編集「知の科学」シリーズ)オーム社 2009

[著書(分担執筆)]

[訳書(分担)]

  • 高梨克也 MIT 認知科学大事典,中島秀之(監訳),共立出版,2012(The MIT Encyclopedia of Cognitive Science. Wilson,R.A. & Keil,F.C. (eds.), MIT Press, 1999) 「関連性と関連性理論 Relevance and Relevance Theory」(pp. 219-222),「グライス, H. ポール Grice,H.Paul」(pp. 295-297),「語用論 Pragmatics」(pp. 473-478),「時制と相(アスペクト) Tense and Aspect」(pp. 571-573),「前提 Presupposition」(pp. 833-837),「談話 Discourse」(pp. 889-892),「含み Implicature」(pp. 1144-1148),「文脈と視点 Context and Point of View」(pp. 1219-1221), 担当

[博士論文]

  • 高梨克也 多人数インタラクションにおける参与役割と成員性に関する研究. 京都大学大学院情報学研究科(論情博第90号) 2014.3

[査読付き論文]

[学術誌解説論文]

[その他の論文]

[学術誌掲載記事]